Hatena::Groupptech

ぷちてく RSSフィード

Archive
 
ProfileProfile

2016-03-21

Ubuntu 16.04のfglrxは間に合うのか

09:32

三行説明すると、

  • 現状、Ubuntu 16.04 LTSにはAMDのプロプラドライバ fglrx 間に合ってない
  • 更新時は、自動で fglrx と xorg.conf 消してオープンドライバ入れるよ
  • 今開発頑張ってるのでご期待下さい!絶賛開発中!!!!

と言う感じ。以下にコメントで書いたけど長すぎた。

f:id:noromanba:20160322091836p:image

Ubuntu 16.04 LTSではRADEONドライバーが公式サポートされないらしい件 - Sickly Life Blog

ひどい。id:sicklylife さんごめんなさい & いつもの便利ページ相変わらず早い、ありがとうございます。

screenshot

fglrx無いと何なの?

一番の問題はパフォーマンスで、プロプライエタリAMDドライバを100とすると、オープンドライバは大体50〜70位というのが手元の体感だし世間の評判もそんな感じ。性能面で劣るのでゲームやる/動画見る・編集する人は致命傷になってしまう。最近の Gallium オープンドライバはかなりマシになったけどまだ色々バグもある。

オープンドライバのメリットとしてはカーネル更新来ても平然としてられるしXorg周りで困らない。これはうれしく思ってる。昔々にNVIDIAのプロプラドライバでXが立ち上がらなかったり、設定ファイル破壊してくれたり、設定間違えてGUI起動しなかったりエラい苦労した。今のUbuntuではそんなに苦労は無いはずだけど、他のディストリだと困るかも。

Linuxのグラフィック周りで楽して過ごしたいなら IntelGPU/APU使いましょう。一番オープンソースに理解あるしオープンドライバ頑張ってるので性能差そこまで大きくない、はず。


以上、fglrxはもちろん、 fglrx-legacy ですらサポート外でパッケージdropされ、ずっとオープンドライバ使わざるを得ないマシンからお届けしました。

詳細

記事にある本家 Slashdot、本家なら日本より切れ味あるかと思ったらやっぱりアレだったので、

本当か確認しに辿って前述の通りこんなのを書いた。物凄いバケツリレー。 ---- までツリーしたの初めてに近い。

のろまんば (id:noromanba)

源流まで辿ると、bridgman「公式見解じゃないけど、(非業務ディストロでは)近いうちオープンソースドライバとfglrxの両スタックに対応するよう頑張ってるよ」 と言ってて、「まぁ信じられそう」という論調みたいですね。14.04.5出せはちょっと…

bridgman、昨日今日でも「がんばります」と言ってるので、頑張らなきゃいけない状況は大丈夫なのかって感も。

現状 "upgrade時に自動でflgrxとxorg.conf削除してamdgpu/radeon driverが入る" という挙動ですね @Ubuntu Wiki

http://sicklylife.hatenablog.com/entry/2016/03/10/183110#comment-10328537792368054902

朝から英語ガンガン読んでつらかったけど内容よくわかった。

  • TODO 後でコメント内容補足、バケツリレーも補足するかも

💡TIPS💡 Feedly使ってる人、こういう時初回取得から永遠に内容更新されない。Inoreaderがマシだと思う。

トラックバック - http://ptech.g.hatena.ne.jp/noromanba/20160321