Hatena::Groupptech

ぷちてく RSSフィード

Archive
 
ProfileProfile

2016-03-03

Chrome Linux 32bit版の後始末とFlash問題

08:12

予想以上にリンクされたり検索上位に来てるのと、詳しい情報が出てこないので新しいの書いた。

Flashにフォーカスしたものなので、Chromeと後始末の話は以下のやつ読んで下さい。


事前にChromiumに切り替えてたけどついにサポート終了で死亡した模様。

32bit/i386|x86 だと 404 で aptがエラー吐く。

W: http://dl.google.com/linux/chrome/deb/dists/stable/Release を取得できませんでした: 期待されるエントリ 'main/binary-i386/Packages' が Release ファイル内に見つかりません (誤った sources.list エントリか、壊れたファイル)
E: 一部のインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。無視されたか古いものを代わりに利用しています。
E: パッケージキャッシュを再構築できませんでした

とりあえずFirefox使って早急にChromiumに移行しよう。 2016-03-02の v49 stableリリースで切られたっぽい。

Chromiumはパッケージ降ってくるの遅いのでzipでも良い強者はここから落とせる、はずなんだけどchrome-linux.zipが落ちてくるのはなぜだろう。

screenshot

ppaで良いならそこそこ落ちるstagingがある。ほとんどの日本人気づいてない。

betaとdevはGoogle APIの取得とかいるので完全におすすめしない。

まぁ素直に公式パッケージ待った方がいいと思う。

aptソース廃棄

CLIわかんねーって人は Ubuntuの場合 「設定」→「ソフトウェアアップデート」→「他のソフトウェア」タブからチェック外す。後はGUIのSynapticからも外せるはず。

$ sudo mv /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list.org
$ sudo aptitude update # sudo apt-get update

最終版deb保全

必要なら一応debパッケージ取っておく。

$ ls /var/cache/apt/archives/google-chrome-stable_* | tail -1
/var/cache/apt/archives/google-chrome-stable_48.0.2564.116-1_i386.deb

aptキャッシュから適当な場所にコピー。

$ ls /var/cache/apt/archives/google-chrome-stable_* | tail -1 | xargs -I% cp -av % .
`/var/cache/apt/archives/google-chrome-stable_48.0.2564.116-1_i386.deb' -> `./google-chrome-stable_48.0.2564.116-1_i386.deb'
$ 
$ ls -l --time-style=long google-chrome-stable_48.0.2564.116-1_i386.deb 
-rw-r--r-- 1 noro noro 47539368 2016-02-19 05:22 google-chrome-stable_48.0.2564.116-1_i386.deb

48.0.2564.116(-1) で Chromiumと同じバージョンが最終だった。

Linux + Flash

可能なら捨てる。まぁそうもいかないので仕方ないのはわかるけど、普段は切って運用してる。

aptで以下を入れるのが枯れた手法だった。

  • flashplugin-installerFirefox系のNPAPI
    • Debianflashplugin-nonfree
  • pepperflashplugin-nonfreeChromium用のPPAPI
    • ただしこちらは32bit終了してPPAPIのメンテも終わった模様。後述

adobe-flashplugin

新パッケージ。 id:sicklylife さんというUbuntu初心者にとって神様みたいな人がいるので、この辺読みながらやるとよい。

adobe-flashplugin はNPAPI/PPAPIがいっぺんに入ってくれる上にaptの更新でPPAPIも更新済むので素晴らしいのだけど、PPAPI版が微妙に古いおかしさがあったので、早く治ってほしい。まだ手元では最終更新の pepperflashplugin-nonfree のままにしてある。

以下からバージョンチェック出来る。

現在の最新版は 20.0.0.306

pepperflashplugin-nonfree の死

ぼくはflashplugin-installerpepperflashplugin-nonfree 両方入れて更新してたけど、やはり32bit版の pepperflashplugin-nonfree は死んだっぽい。

$ sudo update-pepperflashplugin-nonfree --status --verbose # same as --install
options :  --status --verbose --
temporary directory: /tmp/pepperflashplugin-nonfree.zYzobZQEtA
doing apt-get update on google repository

$

何もメッセージ出なくなりDebianサーバから消えた模様。現在手元では最新版の 20.0.0.306 が入ってる。

chrome://flash

Flash plugin 20.0.0.306 /usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/libpepflashplayer.so

今後アップデートが来た場合、

という感じ。困った。

DRM

現在PPAPIではどうしようもないのでFirefox + NPAPIの話。以下でhal系をインストールすればいいとあるが、

いささかhal-flashが古いので検索してみたら、ppaから libhal1-flash を入れるだけでNPAPIで動いた。

以下が作者ページ。

DRM認証できてるかの確認は、launchpad 通り、

  1. http://drmtest2.adobe.com:8080/SVP/SampleVideoPlayer_FP.html にアクセス
  2. フォームに以下のURL入れる
  3. 下のボタン押して再生

で再生されればOKとした。ここの手順多少わかりづらかった。HuluNetflixはこれで動くはず。

Amazon (Prime) Video はChrome以外で動かない問題が残る。DRMである Widevine Content Decryption Module も入ってるのにUA変えても動かない。


Chromium/Firefoxのきちんとしたサポート願いか、いい加減FlashDRMやめるよう訴えていく必要がある。FirefoxでNPAPIも近日廃止されるので、Windows含め、混乱する気がする。

FirefoxHTML5DRMにSurrenderした意味は何だったのか、ユーザや各動画配信ベンダーは考えて欲しい。



APPENDIX

GET/HEAD
$ GET http://dl.google.com/linux/chrome/deb/dists/stable/Release
Origin: Google, Inc.
Label: Google
Suite: stable
Codename: stable
Version: 1.0
Date: Wed, 02 Mar 2016 20:06:03 +0000
Architectures: amd64
Components: main
Description: Google chrome-linux repository.
MD5Sum:
 89704f9af9e6ccd87c192de11ba4c511 145 main/binary-amd64/Release
 f6b564f73fe97e866a0a5d093cae6006 4162 main/binary-amd64/Packages
 8e9eca702d86b5262e58558f18a43377 963 main/binary-amd64/Packages.gz
 01e89d641ae66e265bbd28d0ae56b23e 1191 main/binary-amd64/Packages.bz2
SHA1:
 153199d8f866350b7853365a4adc95ee687603dd 145 main/binary-amd64/Release
 6958758454ad2d56383996b75e91a42f381ad0b7 4162 main/binary-amd64/Packages
 05f149ee4d2573f77f3bedc5488da595ac96f42a 963 main/binary-amd64/Packages.gz
 ca925350845fc461954148f34730a1be2ee6f9be 1191 main/binary-amd64/Packages.bz2

amd64/64bit のみに。

バイナリも消えた。

$ HEAD https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current.deb
404 Not Found
Connection: close
Date: Thu, 03 Mar 2016 22:20:34 GMT
Server: downloads
Content-Length: 1449
Content-Type: text/html; charset=utf-8
Alt-Svc: quic=":443"; ma=2592000; v="30,29,28,27,26,25"
Alternate-Protocol: 443:quic,p=1
Client-Date: Thu, 03 Mar 2016 22:20:34 GMT
Client-Peer: 216.58.197.238:443
Client-Response-Num: 1
Client-SSL-Cert-Issuer: /C=US/O=Google Inc/CN=Google Internet Authority G2
Client-SSL-Cert-Subject: /C=US/ST=California/L=Mountain View/O=Google Inc/CN=*.google.com
Client-SSL-Cipher: ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256
Client-SSL-Socket-Class: IO::Socket::SSL
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Frame-Options: SAMEORIGIN
X-Xss-Protection: 1; mode=block