Hatena::Groupptech

ぷちてく RSSフィード

Archive
 
ProfileProfile

2014-11-07

Appleの「自由」とLinux

03:25

安いMac mini買ってアプリ作るのがいいと思う。次点が安いAir、高いけど。やる気と時間と吸収力がもったいない。

iPhoneアプリを作りたいけどMac買ってもらえない、どうしよう」という自称中学生の自称質問に、「Linux使え」という意見が多い。全部意識高い系のネタだと思うので、ポエム書く。


マトモに使ってる皆さんはご存知でしょうが、Linuxデスクトップは最悪の代物で、yak shavingの塊です。

ぼくもコレ書いてるのはLinuxデスクトップですが、コンピュータを学ぶために使うマゾ道具という感じで、人に薦める気にならない。


MacOSなら、割とキレイな画面が手に入る上に、FreeBSDNetBSDとかがベースなPOSIX環境なのでLinuxコマンド自然に学んでいくはず。

その上グラフィックドライバがどーこー悩む必要も無い。homebrewもある。XCodeアプリ開発も出来て最高。十分いい投資


WindowsThinkpadでVSでネイティブアプリでなければ、みたいなプロプラ暗黒期が、MacファミリーでXcodeで、な感じに変容しただけに思う。

幸いLinuxと話が通じる設計なのと、Webとか色々標準化時代になったことで、Mac使い以外でも色々恩恵を受けられるようになった。


Appleの自由、檻の中でおもてなしして不自由に感じさせないタイプの自由だけど、残念なことにiPhoneアプリはプラットフォームに縛られてる。

ここで「LinuxでもWindowsでも普通に開発させろやコラ」、とAppleと戦っていくのが大人の役割で、中学生と戦ってどうするの、と思った。

あるいはFirefox PhoneとかUbuntu PhoneでWebと開発の自由を進めましょう。


自分の中学生時代を思い返して、マトモなことしてたか考えてみるのもいいと思う。大人から見てメチャクチャでも、その体験が色々生きてたりするはず。

「もう一つプロも使ってて将来の為になるPCがあって、Surface Pro 3っていうんだけど、見てよコレ!こんなに高い!ね、Macって安いでしょ!」

コレでちょろまかす。

トラックバック - http://ptech.g.hatena.ne.jp/noromanba/20141107